Passive income=「不労所得」は誤訳。

Passive income=「不労所得」は誤訳。

「不労所得」って誤訳じゃないか?

今、金持ち父さんで有名なロバートキヨサキシリーズの本の原著(英語)を調べています。

金持ち父さんシリーズで有名なフレーズに「不労所得」があります。

要は、「働かなくても入ってくる収入」「寝てても入ってくる収入」「何もしなくても入ってくる収入」というニュアンスです。

これを読んで、不動産オーナーや、MLMに走った人も多いかもしれません。

しかし、原著を読んでみて、不思議に思ったのは「不労所得」なんてどこにも書いてないということ。

“パッシブインカム(Passive income)”と書いてあるのです。

Passive income?

これって日本語に訳すと「受動的収入」じゃないでしょうか。

「不労所得」とはニュアンスがかなり異なります。

どう違うのかというと、「農業」と「狩猟」の違いに似ているのです。

農業って不労所得でしょうか?確かに受身的なリターンではあります。

田畑を耕して、お日様に育ててもらって、時間をかけて収穫を得るわけです。

が、ここに不労所得のイメージはほとんどありません。

「モテる」というのにも狩猟的なモテ方と、農業的モテ方があります。

狩猟的なモテ方とはわかりやすくいえば、ナンパしたり、たくさんアプローチして収穫を得る人。

農業的モテ方とは、時間をかけて、ダイエットをしたり、メイク力を磨いたり、ファッションの研究をしたりして、結果として「声をかけられる数」を増やしてモテる人です。

どちらもモテるがスタンスが異なります。

が、ここでも「不労的モテ方」とは言わないはずです。

「家で寝転がって、鼻くそほじって、ポテチを食べながらでもモテる」ってニュアンスではありません。

ということで、「不労所得」=Passive incomeは、誤訳だと私は断言できます。

不動産収入などは決して不労所得ではありません。

きちんと収入を得るために、知恵を働かせ、影で様々な働きかけを施しています。

これが原因で、なんだか「金持ち父さんシリーズ」全般が一気に怪しくなってしまった感が否めません。

と同時に、怪しい勧誘のためのキラーフレーズとして使われてしまいました。

日本人には「不労所得の方が売れる」となめられてしまったのかもしれません。

原著を読むことは大切だと改めて実感しました。

そして、自由を得たいなら、不労所得を目指すのではなく、パッシブインカム(受動所得)を目指しましょう。

レジェンド・オンライン編集部

役立つ「経営ノウハウ」をわかりやすくお届けします。

(Visited 3 times, 1 visits today)
Share