確定拠出年金(401k)に入ってない人は大損失。=鷲津辰巳

確定拠出年金(401k)に入ってない人は大損失。=鷲津辰巳

 あなたは確定拠出年金に入っていますか?もし、入ってないとしたら、大変な損を被っているかもしれません。

確定拠出年金とは、簡単に説明すると、将来もらえる年金額を自ら運用して作る仕組みです。運用次第で増えたり減ったりします。

 この確定拠出年金のメリットを超簡単にわかりやすく言います。

1、支払った額は全額所得控除
2、運用益は全額非課税
3、受け取り時も無税枠が使える
4、社会保険料を減らせる

 つまり、節税しながら、もらえる年金額を増やせてしまうわけです。今時、こんな商品ありません。しかも、国が認めた合法なものです。ふつう、株式投資とかやったら、運用益には20%の税金がかかります。個人年金保険とか入っても全額所得控除はできないし、受け取り時に税金がかかることもあります。

 さらに、最近、問題視されてる「社会保険」の強制加入についても、確定拠出年金に入ることで社会保険料を削減する効果もあります。たとえば、私の場合、確定拠出年金は月額55,000円までかけており、年間で660,000円支払っています。これが全額損金扱いです。所得からこの額を減らすことができます。

 年間で66万円を所得から差し引くことができるのは大きいです。ちなみに、手元に66万円を何もせず残しておいたら、個人でしたら約半分、法人の場合で約4割が税金でもってかれます。この場合ですと、26万4000円~33万円ぐらい税金でもってかれるということです。これぐらいなら海外旅行とか高級バッグとかなんらか買えるんじゃないですかね。もったいないです。

 ということで、確定拠出年金は入った方がメリットは大きいわけですが、なぜ、こんな優れた商品が見過ごされてるのでしょうか?金融機関も不思議とあまり勧めていません。理由は、金融機関があまり儲からないから、力を入れて私たちに勧めていないのです。他の投資商品とか売った方が利益率が高いので確定拠出年金は後回しになってるのです。

 しかし、最近になり、マイナンバーの影響で、今後は企業も「社会保険料負担」を真剣に考えないといけなくなってきています。そこで、確定拠出年金が日の目を見るようになってきたのです。

 ただし、デメリットがあります。それは60歳まで引き出せない点です。60歳まで安定的に稼ぎ出せる自信がある人だけ入りましょう。若ければ若いほど、運用時間が長くなるので儲けも出やすくなります。

 それと、不思議なのですが、「1人社長」の会社とか従業員数名の小企業はあまり相手にされていないのが現状です。ですが、私が入ってる金融機関は大丈夫です。1人社長でも受け付けてくれます。従業員数名でもOKです。おそらく1人社長とか小さな会社を相手にしてくれる数少ない金融機関です。それはSBIです。ここなら例え1人社長でも親身になって相談に乗ってくれます。

 他、楽天さんなども最近は力を入れているようですが、銘柄数を考えると、今のところはSBIに軍配が上がります。

鷲津辰巳

ファイナンシャルプランナー。小規模企業経営者向けに資産形成などのファイナンシャルプランニングを行っている独立系FP。著名雑誌にて「お金の専門家」として監修紹介されるなど、多方面で活躍中。

(Visited 48 times, 1 visits today)