経営者は新Gmailを使いましょう。=作野裕樹

経営者は新Gmailを使いましょう。=作野裕樹

 Gmailは経営者にとって非常に便利なツールでして、仕事を効率化するためには是非とも使いましょう。なぜ、Gmailがオススメなのか?

 理由の1つ目はスマホでもパソコンでも使える点です。スマホとパソコンで別々でメール管理していたら大変です。例えば、プロバイダ提供のメールアドレスを使うと、スマホとパソコンで別々で管理することが多くなります。必然、どこに何があるかわからなくなって混乱してしまいます。Gmailならスマホとパソコンで同じ環境で使うことができますから混乱を防ぐことができます。

 理由の2つ目は「検索機能」です。携帯メール等は過去のメールをストックしておくことに向いていません。が、Gmailなら過去の分を半永久的にストックしておくことが可能です(※容量オーバーの際は追加料金)。そうすると、全ての過去のメールあ検索対象になりますから探すのに便利です。

 理由の3つ目は「迷惑メールを防ぐことができる」点です。Outlookや携帯メールだと、どうしても迷惑メールが届きやすくなりますし、ブロックする機能が充実していません。ところが、Gmailを提供するGoogleは迷惑メールのフィルタリング研究に余念がありません。日々、研究し、反映させています。迷惑メールは仕事の能率を下げる悪しきものです。その点、Gmailなら届きにくくなり、仕事の能率を上げることができます。

 理由の4つ目は「複数のメールアドレスを一元管理できる」点です。例えば、●●●@gmail.comというGmailアドレスに加え、test@lejendproduce.co.jpのメールアドレス、test@sakunohiroki.comのメールアドレスなど、複数のメールアドレスを一元管理することが可能です。

 さらに、2018年4月にGmailが新しく生まれ変わりました。使える新機能として「スヌーズ機能」や「期限付き削除メール」を配信することができるようになり、より一層便利になりました。

 例えば、「スヌーズ機能」とは、受信したメールを一定期間後に再度メールボックスの上部に表示する機能です。重要なメールは何度も表示されると、見落とさなくなります。

 「期限付き削除メール」とは、一定期間経つと削除されるメールを配信する機能です。どうしても残したくない内容を送る場合に使えます。例えば、暗号付きファイルを送るなど。これらはダウンロードしたらあまり残しておきたくはないですよね。その際に使える機能です。

 是非、経営者として仕事の能率を高めたいならGmailに慣れておくことをオススメします。今後もGoogleによってGmailはさらに使いやすくなることが予想されます。私たち経営者にとっては嬉しいですね。

 

作野裕樹

ITジャーナリスト・経営コンサルタント。
株式会社レジェンドプロデュースCEO(最高経営責任者)、アルシオラ株式会社取締役、イーカスタマーサポート株式会社取締役。

(Visited 34 times, 1 visits today)